若 者 の 声

若者のみなさん、今の自分は好きですか?

もし自分を好きじゃなかったら、勇気を持って一歩踏み出してみよう!一歩踏み出す勇気があれば、未来は変えられます。
ここに一歩踏み出した「若者の声」があります。自分と同じくらいの年齢の「若者の声」を読んでみてください。全ての若者が前に進んでいます。

誠(10代後半男性)の声
1.八おき塾3ヶ月間の変化(2022年6月) へ  精神科の先生が「うつ状態」というやっかいな診断をするから、ご家族が2年間もの間出口の見えないトンネルに入ってしまった。(鳥巣コーチ)

T.H.(20代前半男性)の声
1.3ヶ月を振り返って(2022年5月) へ  「もう以前のようには戻りたくない」と口にしたその言葉は、すでに前を向いている強い意志を感じました。(吉永コーチ)

カイ(20代後半男性)の声
1.変わらぬ今を彩る経験(2022年4月) へ  勇気を出して踏み出した一歩が自信となり、その自信が次の一歩への勇気となる、そんな5カ月間だったと思います。たくましくなりました。(須貝コーチ)

マイペースな亀(20代後半男性)の声
1.いろいろ一人で考え込んでしまっているひとへ(2022年3月) へ  ここにきて1年、動ける環境を得たことで、少しずつですが前に進むことができるようになりました。(須貝コーチ)

ペンギン(30代前半男性)の声
3.30歳でひきこもり脱却の男性の生きづらさ ドラッグストア品出し早朝バイトは「もっと早くやっておけば」(2021年10月) へ
2.卒業(2021年10月) へ  楽しむことを思い出したペンギンは最強。(鳥巣)
1.人生を前向きに(2021年7月) へ  スタートダッシュが凄すぎて、「スピードを落とせ、こけるぞ」という日々でした。(鳥巣)

ふわふわプ-ドル(30代前半女性)の声
2.6ヶ月を振り返って(2021年9月) へ  目標にしていた『着実に確実に前に進んでいく』ことができた6ヶ月だったと思います。自分と向き合った日々を忘れずここからスタートしてほしいです。(林コーチ)
1.3ヶ月を振り返って(2021年7月) へ  起業すると決めたあとも悩みながら少しづつ前に進んできた3ヶ月でした。(林コーチ)

ひつじのめる(20代後半男性)の声
2.就活で人生を諦めた大卒27歳男性 スーパーのアルバイトで得た自己肯定感と社会との接点(2022年6月) へ
1.新しい自分(2021年6月) へ  ココに来て3ヶ月、一生懸命前を向いて進もうとする姿が素晴らしい!(鳥巣)

温厚篤実(20代後半男性)の声
怪我、借金、親との関係、たくさんの問題を抱えていましたが、一つずつ整理して片付けていきました。もう大丈夫だろうし、今回の件を乗越えたことで強くなれたでしょう。
1.相談できる相手がいない人へ(2021年3月) へ

紫陽花(30代前半女性)の声
3.現状報告(2022年5月) へ  いろんな「私」を受け入れていく中で、先を考え過ぎずに動けるようになってきました。(須貝コーチ)
2.「見えない」女性の引きこもり 家事手伝いや主婦と何が違う? 人生を分けた29歳の焦り(2021年4月) へ
1.変わりたくない(2021年1月) へ なんにも問題なさそうにしている彼女ですが、仕事を辞めてする事なく、だんだん自信が失われていったんでしょうね。

十三夜月(20代前半女性)の声
やっとアルバイトを続けることができるようになりました。やっぱり、ご両親の「信じているよ。」は大きいですね。
1.思いを伝える(2020年11月) へ

春風(20代前半男性)の声
実習から逃げ出しここに来たけど、大学に戻る決心がつきました。今後苦難に合ってもどうすれば抜け出せるか考えることができるようになったと思います。
1.自分を受け入れて(2020年11月) へ

RK(20代後半女性)の声
動けなくなった自分を見つめなおし、皆にいい顔をする自分とお別れし嫌な事を嫌と言えるようになってきたと思います。
2.卒業文(2022年4月) へ
1.3か月を振り返って(2020年11月) へ

N.H(20代前半女性)の声
小学生の時、ひどいいじめにあいました。でも、今はしっかり前を向いて、笑顔も見えます。
1.卒業に際して(2020年9月) へ

S.M(10代後半男性)の声
12月末に相談に来て、その後やる気を整えて、予備校に通えるようになりました。なんとか私立大の後期試験(3月頭)に間に合い4月から大学生になりました。4月から大学の寮に入り、親元を離れて暮らしています。いろいろな意味で親元を離れたがいい、大人になれる。
2.卒業に際して(お母さまより2020年6月) へ
1.気持ちを新たに(2020年6月) へ

S(20代前半男性)の声  
1.卒業に際して(2020年3月) へ

T.K(20代前半男性)の声 
やっとスタートラインに立てました。ひきこもってたんじゃないけど、大学をさぼったり、親のお金を使い込んだり、心が苦しくてたまらなかったんだと思います。でも、そんな重荷をやっと降ろして前に進めるようになりました。
2.きっかけ(2020年5月) へ
1.自分を見つめる(2020年1月) へ

R.U(20代前半男性)の声  
相談会に始めて来た時、「毎日空虚です」と言った彼の言葉が忘れられません。今は会うたびに「どんどんいい顔つきになっていく」と思ってニンマリ見ています。
4.「夢は正社員。自分を肯定したい」元ひきこもり男性24歳 、初バイト代で父親にウイスキー(2021年7月) へ
3.ありがとう!福岡わかもの就労支援プロジェクト(お父さまより2020年8月) へ
2.取り戻した自信(2020年8月) へ
1.4ヶ月経過して(2020年1月) へ

Y.I(20代前半男性)の声  
1.はじめの一歩(2019年12月) へ

梨3号(20代前半男性)の声  
熊本から出てきて約1年、就労訓練→アルバイト→正社員と順調に歩いてきました。真面目な所が取りえの梨3号、それが一番の武器です。
3.卒業に際して(お母さまより2020年7月) へ
2.僕でも就職できた(2020年7月) へ
1.4ヶ月を振り返って(2019年11月) へ

S.M(20代後半男性)の声  
1.自己投資(2019年11月) へ

T.S(20代前半男性)の声  
2020年3月、大学に戻りやり残していた卒業論文を書き終え、2021年3月大学を無事卒業できました。
2.大学卒業論文「ひきこもり」の若者の社会復帰支援の在り方(2021年3月) へ
1.小さな第一歩(2019年9月) へ

じゅん(30代後半男性)の声  
1.動くことが大事(2019年9月) へ

Y.S(30代後半男性)の声
2.卒業(2021年3月) へ
1.3ヶ月経過して(2019年8月) へ

トミー(20代後半男性)の声
長かったー。途中コーチ交代もありました。でも、なんとか卒業させることができました。
2.2年半で変わったこと(2021年7月) へ
1.まずは行動(2019年8月) へ

ケイ(20代後半男性)の声
1.家を出ましょう(2019年7月) へ

O・M(40代後半男性)の声
1.顔を上げて(2019年5月) へ

R (20代前半女性)の声
3.娘の卒業にあたって(2020年3月) へ
2.自分と向き合った1年(2020年3月) へ
1.3ヶ月経過して(2019年4月) へ

こむぎ (20代後半女性)の声
1.自分について考えたこと(2019年3月) へ

まろにぃ (20代前半男性)の声
3.息子の不登校・ひきこもりを振り返って(2022年7月 お母さまより) へ
卒業してもフラフラしていましたが、やっと明確な進路が決まりました。
2.調理師学校 志望理由(2020年12月) へ
1.私についての備忘録(2019年2月) へ

多分風邪 (30代前半男性)の声
1.3ヶ月前の自分へ(2019年1月) へ

不知火夜 (20代前半男性)の声
1.夢に向かって(2019年1月) へ

黒 (20代後半男性)の声
3.卒業(お母様より2019年7月) へ
2.大きな一歩(2019年7月) へ
1.3ヶ月経過して(2019年1月) へ

ゆうすけ (20代前半男性)の声
3.卒業に際して(2019年3月) へ
2.今までを振り返って(2019年2月) へ
1.【ゆうすけの母の声】みんな待ってるよ(2018年12月) へ

バナナスムージー (30代後半男性)の声
3.【バナナスムージーの母の声】明日への一歩(2019年3月) へ
2.ジレンマの中で探した出口(2018年3月) へ
1.トビラ(2018年11月) へ

Y.I(20代前半男性)の声
3.卒業(お母様より2019年7月) へ
2.これまでの自分、これからの自分(2019年7月) へ
1.3ヶ月間の気付き(2018年10月) へ

亮介(30代前半男性)の声
1.ようやく普通の人になれた!(2018年10月) へ

隼人(20代後半男性)の声
2.失敗してもいいから(2019年3月) へ
1.3ヶ月経過して(2018年9月) へ

祐太郎(20代前半男性)の声
3.【祐太郎のお母さんの声】応援しています (2019年3月) へ
2.ダメ人間の成長(2019年3月) へ
1.3ヶ月いろいろあった(2018年9月) へ

進(20代後半男性)の声
4.【進のお母さんの声】「福岡わかもの就労支援プロジェクト」に参加して(2019年3月) へ
3.初めての就職活動(2019年3月) へ
2.福岡市南区民児協・自立支援部会(2018年7月) へ
1.3ヶ月経過して(2018年5月) へ

一政(30代前半男性)の声
2.就活を振り返って(2019年5月) へ
1.動き出した3ヶ月(2017年12月) へ

次郎(20代前半男性)の声
6.頑張れば変われる(2019年2月) へ
5.福岡市南区民児協・自立支援部会(2018年7月) へ
4.【次郎のお母さんの声】出口がそこにあった(2018年6月) へ
3.国際ソロプチミスト博多/クラブ賞(2018年4月) へ
2.自分を発信する(2018年3月) へ
1.自信を取り戻す(2017年11月) へ

正彦(20代前半男性)の声
2.あなたは何のために生きていますか(2018年3月) へ
1.初めての決断(2017年10月) へ

美加(30代前半女性)の声
1.3ヶ月経過して(2017年6月) へ

一郎(30代後半男性)の声
2.思い出したもの(2017年9月) へ
1.希望への一歩(2017年6月) へ

早苗(20代前半女性)の声
2.気持ちの整理(2017年5月) へ
1.3ヶ月経過して(2017年4月) へ

真司(20代前半男性)の声
当プロジェクトに来た時は短大生だったのに・・・。今は中学で体育の先生をやっています。すごいなあ。
6.「父は弱かったんだ」 人生のどん底を味わった元ひきこもりの非常勤講師男性27歳、過去を許す (2022年1月) へ
5.そこに不登校を支える僕がいた(2021年5月) へ
4.やっと教師になれた‼(2020年12月) へ
3.【真司のお父さんの声】 旅立ち(2018年5月) へ
2.俺、できるやん!成長した15ヶ月間(2018年2月) へ
1.激動の6カ月間(2017年2月) へ

大吾(30代前半男性)の声
2.スタートラインに立てました(2017年5月) へ
1.3ヶ月経過して(2017年1月) へ

小春(30代前半女性)の声      
3.東京都武蔵野市「仕事したい若者、集まれ!」(2017年9月) へ      
2.就職できました!(2016年10月) へ
1.3ヶ月経過して(2016年8月) へ

大地(30代後半男性)の声 
4.東京都武蔵野市「仕事したい若者、集まれ!」(2017年9月) へ      
3.退職そしてリスタート(2016年7月) へ
2.【大地のお母さんの声】 6ヶ月経過して(2016年2月) へ
1.就職できました!(2016年2月) へ
Copyright © 2015 福岡わかもの就労支援プロジェクト All rights reserved.
PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー
PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー
PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー