福岡わかもの就労支援プロジェクト



トップページ ご挨拶 支援の概要 一人暮らし コーチ紹介 若者の声 メール会員 恩送り 問合せ アクセス
 

 【一政(30代前半男性)の声】動き出した3ヶ月(2017年12月) 

戻る
思い返してみると、この3ヶ月は本当に色々と考え行動した期間だったと思う。
入塾して1ヶ月目は、6ヶ月後にどうなりたいか考え、どう行動していくか、改善すべき点は何かなど、アドバイスを貰いながら大まかな計画を作った。2,3ヶ月目は、目標が「正社員で働く」ことだったので履歴書、職務経歴書の作成やハローワークの登録など目標を具体化していく2ヶ月だった。当然、自分の空白の過去を思い出しながら作成する履歴書などは、なかなかつらいものがあった。しかし、鳥巣さんのアドバイスや卒業生の話などを聞き少しずつやっていこうと思うようになり、なんとかこれらの課題を達成できた。

入塾までの私は、働くビジョンや目的がまったく無く本当にふらふらしていた。そのため何事も先延ばしの対応しかとれなくなっており、しなくてはいけない行動ができにくくなっていた。本当に自己嫌悪の日々だったと思う。ここに入塾を決める時も申し込みを予定より数日先延ばしにしており、自分の短所を改めて感じながらのリスタートだった。だが、遅ればせながらも行動できた点は、今振り返ると良かったと思う。

この3ヶ月で良かった点は、三つある。
第一に、計画、実行、評価、改善のサイクルがうまく回り始めた点だ。以前までの自分は、計画段階で止まったまま実行できず、うまくこのサイクルを回せていなかった。しかし、入塾してから面談時に計画や実行状況を報告し、評価を貰い、どのように改善していくかを話し合う内に色々と実行できることが増えていった。
第二に、新たな目標ができた点だ。ここ1,2年は、本当に目標が無く何も行動していなかった。つまり、成長していない状態だ。その状態を変えるために私はまず、「エクセル、簿記の資格の取得、ジム行く」を新たな目標に設定した。しかし、最初の一ヶ月は、思ったように勉強できなかったり、ジムをさぼったりとうまくはいっていなかった。だが、完ぺきではないけど頑張って続ける内に、2,3ヶ月目は徐々に改善できた。その結果、エクセルの資格の取得、ジムの継続は達成できた。
最後は、色々な人に出会ったことだ。食事会で年下や年上の受講生、卒業生、サポーターの方と話すことにより、なんとかなりそうな事がわかった。また、みんな前向きな人が多かったので、自分も少しポジティブになった。

今私には、二つの目標があります。一つ目は、以前から計画していた所に旅に行くことです。特に、自転車でしまなみ海道や阿蘇へのツーリングには絶対に行きたいと思います。 二つ目は、正社員になり3年働くことです。私のアルバイトでの最長勤続年数は、約1年です。まずは、この記録を更新するとともに、3年働くことにより社会人としての基礎を身に付け、人として成長していきたいです。
この3ヶ月は、成功や失敗など色々なことがあったが、目標に向かって歩き始めることができた。一歩一歩やるべきことをやり目標を達成していきたいと思います。最後にみなさんに伝えたいことは、あまり頭で考えすぎず、行動してみることも時には必要だということです。ぜひ、最初の一歩を踏み出してみてください。
戻る
Copyright © 2015 福岡わかもの就労支援プロジェクト All rights reserved.