福岡わかもの就労支援プロジェクト



トップページ ご挨拶 支援の概要 一人暮らし コーチ紹介 若者の声 メール会員 恩送り 問合せ アクセス
 

  【大吾(30代前半男性)の声】3ヶ月経過して(2017年1月)     

戻る
アルバイトを始めて約2週間が経ちました。きつくもありますが仕事をしているという充実感があります。少しずつできる事が増え、今まで出せなかった声も出せるようになりました。立ちっぱなしの仕事で体中が痛くなりますが、1日5〜7時間・1週間に4〜5日間働くことができています。
就労支援を受けて3ヶ月、1週間に1回「福岡わかもの就労支援プロジェクト」に通いました。それに加えアルバイトに行くことにより、毎日規則正しい生活ができるようになりました。規則正しい生活だけではなく、自分の中で何かが変わってきていると感じます。

今までの自分は話す事があまり得意ではなく、他人との関りをなるべく避けていました。また、仕事もせず家から一歩も出ない生活をしていました。家に居づらくなり、2年間友人宅に家出したこともありました。仕事もしなかった2年間の後、やっと仕事に就いたにも関わらず長続きせず4ヶ月足らずでやめてしまいました。自分の将来についても真剣に考えることなく、その場しのぎの行動をしていました。

初めはどういう支援をしてくれるのかわからず、今までの自分を否定されるのではないかと不安もありました。支援を受ける中でそんな事はなく、自分の話を最後までちゃんと聴いてもらえました。他人と関わる事が苦手だった自分が就職祝賀会や牡蠣小屋、忘年会等の集まりにも積極的に参加できるようになりました。そして、就職された先輩の話を聞く事ができ、自分も早く就職したいという想いと共に勇気をもらいました。牡蠣小屋でたまたま隣にいた女性とは住んでいる所が近くで、地元の話で盛り上がりました。20代の男性とも一緒に買い出しに行き、いろんな話ができました。
また、履歴書を作成する中で次のようなことがありました。自分でも気づく事ができなかった良い所を一緒に見つけてもらい、それを履歴書の中でしっかりアピールしました。面接にのぞむ際、志望動機や自己PRを30回声に出して練習しました。それにより、あまり緊張せずに面接を受ける事ができました。

今後は、今やっているアルバイトの仕事を覚え、自分から積極的に動けるようになりたいと思います。アルバイトを続ける中で、他人とコミュニケーションを取る事ができるようになります。ひとまず目標にしている3ヶ月間、アルバイトをやめずに続けたいと思います。アルバイトで自信を付けて、最終目標である正社員に必ずなります!
戻る
Copyright © 2015 福岡わかもの就労支援プロジェクト All rights reserved.